ご挨拶

私は、少年の重大事件を契機に少年法の厳罰化が進められていた頃、大学で弁護士の先生による少年法の講義を聴き、非行をしてしまった少年の更生に弁護士として関わることができるということを知りました。
一度躓いたとしてもそこから立ち直ることができたら再び被害者を生むことがなくなるのではないか。そんなことを考え、私も弁護士になって少年事件に携わることで、非行をしてしまった少年の更生に関わりたいと思い弁護士を目指しました。
そして、弁護士として少年事件をはじめ、多くの事件に携わる中で、法的な問題解決をするだけにとどまらず、その背景にある感情的、精神的な問題なども含めてサポートしていくことができれば、ご依頼者様にとってよりよい解決ができるのではないかと思うようになり、心理学を学び始め、心理カウンセラーの資格を取得しました。
心理学を学ぶことで、より受容と共感を大切にご依頼者様のお話を聴かせていただき、深く向き合うようになりました。そして、そうすることで当事者ご自身が主体的に問題を整理され、どうしたいのかという意思を明確に持たれるようになり、事件の解決につながっていくことを感じています。

少年事件や刑事事件で関わった方達が更生への意欲を持ち前向きに進んでいる姿や、先が見えず苦しんでおられた方達が問題解決に至り「苦しい時に笑顔で支えていただけて本当に助けられました。」と言ってくださり、笑顔で新たな一歩を踏み出される姿を見ると、大変やりがいを感じ、このような方々をもっともっとサポートさせていただきたいと思うのです。
法的な問題を抱えられたことでご相談いただくのがご相談者様との出逢いのきっかけであり、その解決が中心ではありますが、心からの笑顔を取り戻していただくことができるように、お一人お一人と真剣に向き合い寄り添って心のサポートもさせていただきながら、これまで弁護士としての経験、自分自身の親としての経験を活かして、ご依頼者様にとって最善の解決を導くお手伝いをさせていただきたいと思っております。
ご相談をお待ちしております。

弁護士法人東京パブリック法律事務所田中美和子

弁護士ドットコム

田中 美和子 略歴

2001年 一橋大学法学部卒業
2005年 弁護士登録
2005年10月〜
2011年3月
高知法律事務所(高知弁護士会)
2011年4月〜
2015年3月
弁護士法人東京パブリック法律事務所(東京弁護士会)
2015年4月〜
2016年7月
のぞみ法律事務所
2016年8月〜2019年6月 くくな法律事務所
2019年7月~ 弁護士法人東京パブリック法律事務所

保有資格・役職・所属団体

日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
AFP・2級ファイナンシャル・プランニング技能士

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
過労死弁護団全国連絡会議
日弁連両性の平等に関する委員会(2007〜2009年)

豊島区民社会福祉協議会サポートとしま専門相談員(2011〜2014年)
豊島区配偶者等に関する暴力問題相談機関連絡会議委員(2011〜2012年)
豊島区要保護児童対策地域協議会委員
(2012〜2014年)

所属事務所について

東京パブリック法律事務所は、都市の中の「市民の法的駆け込み寺」を目指し、開設された都市型公設法律事務所です。
地域の行政、公的機関、専門家、弁護士などと連携しながら、市民の皆様を司法につないでいます。

弁護士法人
東京パブリック法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-34-5 
いちご東池袋ビル2階
JR線、東武東上線、西武池袋線、
東京メトロ(有楽町線・丸の内線・副都心線)
池袋駅東口より徒歩5分

03-5979-2900

(受付時間:平日9:30〜17:00)